バストアップを比較!サプリとクリーム、効果の違いは○○だった!

サプリとクリームを比較

 

豊胸手術などあまりお金をかけたくない方にお勧めなバストアップ方法として、サプリやクリームは口コミサイトで人気がありますよね。

 

そこで、サプリとクリームとではバストアップ効果はどちらがあるのか徹底的にしらべあげた結果意外なことがわかってきました!

 

バストアップサプリメント

 

バストアップサプリメントはプエラリアやブラックコホシュなどの女性ホルモンを活発にしてくれる成分が含まれていて体の内側からバストに働きかけるものです。

 

女性ホルモンの中でも特にエストロゲンはバストアップに欠かすことができないホルモンといわれています。

 

エストロゲンの分泌が活発になる→乳腺が増える→乳腺の周りに脂肪が増える

 

この順序でバストは大きくなっていくのです。

 

バストアップクリーム

 

バストアップクリームは、直接バストにプエラリアや脂肪を増やすボルフェリンを塗り外側からバストにのみ成分を与えるというものです。

 

成分が全身にいきわたらずバストにのみ届くのでサプリよりもバストアップ効果が得られやすく、副作用の心配もなく安心して使うことができるといわれています。

 

これだけをみると、サプリよりもクリームのほうがバストアップできるイメージがありますよね。

 

クリームではバストアップできない!?

 

実はクリームはバストアップしません。

 

成分的には全く問題はありません。

 

通常クリームに含まれているプエラリア、ボルフィリンは有効成分です。

 

プエラリアはエストロゲンを活性しますし、ボルフィリンは脂肪を増やす効果はあります。

 

乳腺や脂肪組織に成分が浸透さえすればバストアップは確実にするといえます。

 

しかしバストアップクリームは化粧品に分類される以上角質層にまでしか浸透しません。

 

薬事法上、浸透するのは角質層までと決められている以上、バストアップ成分が乳腺や脂肪組織に浸透すること自体がありえないのです。

 

化粧品の浸透力について

 

一般的に化粧品は角質層にまでしか浸透しません。

 

角質層は、表皮にあたります。

 

表皮は、皮膚膜、角質層と続きますが、表皮の一番下にある基底層にすら浸透しません、

 

基底層の下に真皮(コラーゲンやエラスチン等)があります。

 

さらにその下に脂肪組織があり乳腺がありますが、到底クリームの成分は真皮の下の脂肪組織や乳腺にまでは届かないのです。

 

逆に皮膚が化粧品の成分をしっかりと真皮の奥底にまで浸透するということはアレルギーや副作用の心配が常にあるのです。

 

クリームの成分が浸透しないとなれば効果については疑問が出てきますね。

 

角質層までは浸透するので保湿する働きはあるのですが、バストアップ効果は疑問になってくるのです。

 

サプリは効果があるの?

 

では、サプリメントはちゃんと効果があるのでしょうか?

 

バストアップサプリは経口摂取することで胃の中で吸収されます。

 

胃の中で吸収された成分は血液の流れに従って体全身にいきわたります。

 

ということは体全体に植物性エストロゲンの成分がしっかりと行きわたり体全体が女性らしい丸みを帯びた体つきになってくるのです。

 

女性らしい丸みを帯びた体になるのですから、当然ですがバストも丸みを帯びてきます。

 

バストもしっかりと膨らみ丸みを帯びた体にするのです。

 

また、成分が体全身に行き渡る作用があるのでエストロゲンが活性化することによって得られる美肌効果や、若返り効果、痩身効果が体全体に行き渡るということなのです。

 

エストロゲンはニキビ緩和に効果がありますし、アンチエイジングにはエストロゲンが必須です。

 

さらに生理終了直後はエストロゲンが優位になりますが、この時期はもっとも痩せやすい時期になるのでバストアップサプリで太るというのは間違いなのです。

 

サプリメントは飲みすぎなければ、体にいい影響を与えるのは間違いありません。

 

結論はどっちを選ぶべきか

 

ここまで説明すると、バストアップに効果的なのはクリームではなくサプリだというこは明白だと思います。

 

経口摂取するサプリは副作用の心配がありますが、量を調節することでかなり副作用の危険性を低くすることができるうえに体にとって良い影響を与えることはわかりきったことだと思いますよ。

 

お勧めは断然サプリなのです!

 

エンジェルアップの口コミ情報